中学からの親友である咲希恵に教えられたのが、オンラインパパ活という方法です。
オフラインにならずに、お小遣いを貰う方法。
自粛が叫ばれる昨今、外出できなく退屈している男性が多くいること。
オンライン飲み会という言葉まで生まれているのです。
この飲み会を利用する。
それが彼女の話す、オンラインパパ活でした。
「オンラインキャバというサービスもあるんだけど、ギャラ飲みだからといって、決して儲かるものではない。運営サイドにお金取られるから、稼ぎが良いとはいえないの」
オンラインキャバで上手く稼げなかった彼女、パパ活という形で個人で始めたようです。
「もちろんリッチな人もいるし、優しい人もいるからね、お金くれる人になってくれることもあったりするよ。男の人のプロフとかチェックして声をかけていくと言いかもね」
オンライン飲み会は現在、大流行中。
相手探しに苦労もしないようです。
「最初から、お金が欲しいっていうことは言わないほうがいいね。この辺はリアルなパパ活と同じ」
話の流れで、現在仕事が中断してしまって、収入が途絶えている話をさりげなくしていくようです。
多くの男性たちが、多少なりともカンパをしてくれると言います。
「多い人だと諭吉を何枚も!」
唖然としてしまいます。
その支払い方法はLINE PAYなどの電子マネー。
または、アマゾンギフト券ということもあるようです。
期待する気持ちは、次第に大きくなっていくばかりという感じでした。

 

 さらに、咲希恵はオンライン上のプチ援の話も始めました。
「外出自粛で、エッチできない男の人たち多いからね。接触感染を恐れて、相互オナニーとか求めてるんだ。オナニー動画を欲しがるような人もいる」
こういう形でも収入が得られると言われました。
二段重ねの方法で、確実に大きな収入になる。
生活が救われる兆しを感じてしまっていた私です。

定番アプリ女性は完全無料

お金くれる人を探すなら迷わずコレ!