オンラインパパ活を成功させられる出会い系アプリ(Jメール、ワクワクメール、PCMAX)の利用を続けました。
アマゾンギフト券やLINE PAYなどの電子マネーでお金をくれる人探しが、ドンピシャと出来る場所です。
おかげで、順調に収入を増やしていくことになりました。
コロナの影響が強く、退屈している男性たちの数が多い。
オンラインの飲み会を希望する男性たちばかりと言えるかもしれません。
オンライン上でパパ探しをするのに、最適な時期になっていると言えるのではないでしょうか?

 

 PCMAXの中でやりとりになったのが、年齢59歳のドクターでした。
言わずと知れたインテリな、お仕事の男性。
期待する気持ちをとても強く持ちながら、オンラインのサシ飲みに突入していきました。

 

 内科のドクターということもあるのか、穏やかさが伝わってくる人でした。
高級そうなウイスキーをグラスに注ぎ、美味しそうに飲んでいました。
「仕事柄、喋るのがとても上手だね。お酒がとても美味しく感じるよ」
穏やかな笑顔で言ってくれます。
もっと強く期待感を感じてしまったりしました。

 

 やはり現在の仕事の話になります。
お店が営業自粛で収入が途絶えた話をしてみました。
もちろん、今回もさりげなく。
「楽しい酒に付き合ってくれた人だからね、多少援助してあげようかな」
そう言って、電子マネーで5万円も・・・。
ただ驚愕するばかりという感じでした。

 

 中学の頃から仲良くしている咲希恵から教えられた出会い系アプリを利用して1ヶ月。
合計金額が、15万円以上!
お酒と、オナニーを見せただけで、これだけの金額が私のものになってしまったのです。
ハッキリ言うと、結構びっくり。
オンライン上での関係だけなのに、諭吉が15枚を超える収入に繋がってしまいました。
緊急事態宣言が解除されるまでは、お仕事は休業状態です。
このパパ活をやっていけば、それでも生活は成り立ちそうです。
オンラインのパトロンになってくれた男性からも、コロナが明けたら食事デートを楽しもうと、お誘いもいただいています。

定番アプリ女性は完全無料

お金くれる人を探すなら迷わずコレ!